FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/11/10 立教大学戦

■2012/11/10 16:30 KO アミノバイタルフィールド 立教大学戦

1Q

一橋大学のキックオフで試合開始。
立教大学1stシリーズは10yds獲得に至らず、パントで攻守交代。一橋大学オフェンスは、1stプレーのパスを決めるとその後もゲインを重ね、敵陣20ydsまで攻め込みます。しかしここでボールをファンブル。リカバーできずに、攻撃権を失います。
ところが一橋ディフェンスが黙ってはいません。立教大学自陣40ydsからの3rddown5の攻撃。立教QBが投げたロングパスを、4年WR/RB安河内宏太がインターセプト。再び攻撃権を得た一橋大学はパントフェイクも成功させ、敵陣36ydsまでボールを進めます。

1Q 一橋-立教 0-0


2Q

一橋オフェンスが4年RB高瀬裕介や4年WR/RB三好正大、4年QB三井らのランを中心に攻め込むも得点に繋げられない一方で、同じくラン中心に攻撃を展開した立教大学はボールをエンドゾーンまで運びタッチダウン。立教大学に先制を許してしまいます。
反撃できない一橋オフェンスでしたが、一橋ディフェンスが粘り、3年DL大久保真也がQBサックを決めたところで前半終了。

2Q 一橋-立教 0-7


3Q

立教大学のキックオフで試合再開。
4年RB財津弘彬のキックオフリターンで好スタートを切ります。途中QBサックを受けて1stdown獲得までの距離を14ydsにまで下げられますが、最後は4年QB三井のランでこの後半1stシリーズをしっかり得点に繋げて7点を返します。
オンサイドキックでオフェンス続行を狙いますが、オフサイドの反則を取られてしまいます。5yds罰退して再びオンサイドキックを狙いますがアウトオブバウンズ。その後は両校ディフェンスが粘りオフェンスはパントに終わるプレーが続きます。
3Q 一橋-立教 7-14 


4Q

7点を追い逆転を狙いたい一橋大学ですが、オフェンスは振わず流れを変えられないまま、ディフェンスも守りきれずにこの後連続して4本のタッチダウンを奪われます。
しかし、一橋大学諦めません。キックオフでは4年WR/RB三好が32ydsのリターンで50yds付近までボールを運び、その後4年QB三井から4年WR/RB安河内へのロングパスも通して一気にゴール前8ydsまで前進すると、最後は4年QB三井が突っ込みタッチダウン。
7点を返した一橋大学ですが、自陣20yds付近でギャンブルに失敗すると、そこで攻撃権を得た立教大学に追い討ちのタッチダウンを奪われ、立教大学がトライフォーポイントのキックを成功させて7点を追加したところで試合終了。とともにCRIMSONは2012年秋シーズンに幕を閉じました。

Final Score 一橋-立教 14-49 

いつもCRIMSON公式ホームページ、そして試合結果報告ページをご覧頂いている皆さま、
立教大学戦の試合報告が遅くなり大変申し訳ありません。
心よりお詫び申し上げます。

そして、CRIMSONの2012年秋シーズンを応援して下さり、本当に有難うございました。
来シーズンもどうぞ応援宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト
プロフィール

crimgame

Author:crimgame
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。