FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/9/9 日本体育大学戦

■ 2012/9/9 日本体育大学戦 14:00KO@大井第二球技場

1Q

日本体育大学(以下、日体大)のキックオフで試合開始。試合開始早々、日体大自陣45ヤードからランプレーで一気に駆け抜け、そのままタッチダウン。
続く、一橋オフェンスは思うように攻めきれず、攻守交代。
このシリーズも日体大は着実にファーストダウンを更新しますが、ゴール前8ヤードでファンブルし、一橋大がリカバー。攻守交代。一橋大、ランプレーを中心に次々とフレッシュを獲得します。一橋大学流れに乗ったところで、第一クォーター終了。

1Q 一橋大学-日本体育大学  0-6

2Q

一橋大、フィールドゴールトライを選択。2年RB 工藤貴大が確実にキックを決め、3点を返します。
次の日体大のシリーズも無得点に抑え、攻守交代。
追加点をあげて逆転を狙いたい一橋大。4年#26高瀬裕介が11ydsのランでフレッシュを獲得しますが、その後は振るわず、攻撃権は日体大へ。
日体大のラン、パスを阻めず、1stdown更新を重ねられ、前半残り時間1分3秒で、二本目のタッチダウンを奪われます。

2Q 一橋大学-日本体育大学 3-13

3Q

一橋大学のキックオフで試合再開。
3Qの序盤は双方1stdown獲得に至らず、あまり動きがなくターンオーバーを繰り返します。
3年#15石黒良平(WR)が後半2度目のパントを蹴った後、日体大の攻撃にて、RBに自陣32ydsからエンドゾーンまでを一気に走り切られてしまいます。トライフォーポイントも決められ、3Q残り3分39秒で3-20と日体大のリードが続きます。
追い上げたい一橋大学でしたが、ここで痛恨のインターセプト。しかし一橋ディフェンスここで粘りをみせます!2年#51小川健太郎(DL)のQBサックで反撃。
日体大、敵陣40ヤード地点からフィールドゴールトライを選択しますが、キックは失敗。
ここで第三クォーター終了。

3Q 一橋大学-日本体育大学 3-20

4Q

一橋オフェンス必死の追い上げを見せます。次々と1stdown更新を重ねますが、4thdownギャンブル失敗し、攻撃権は日体大に。日体大陣30yds付近から攻撃を始めた日体大に1プレー目のランで4度目のタッチダウンを奪われます。一橋は次の攻撃でパスが思うようにいかず、攻守交代。日体大はランプレーで攻め、試合残り時間25秒でタッチダウン。
そのまま3-34で試合が終了しました。

ファイナルスコア
一橋大学-日本体育大学 3-34
スポンサーサイト
プロフィール

crimgame

Author:crimgame
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。