FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年11月13日vs.神奈川大学戦

2011秋季リーグの最終戦。
対戦相手はBリーグ5位である神奈川大学Atoms。
勝てば2011年度シーズンは終了、負ければ入れ替戦出場が決まるとても大事な一戦でした。
神大集合写真mini


<1Q>
神奈川大学のKickにより試合が開始。3年WR安河内宏太がリターンし、攻守交代。一橋大学に攻撃権がうつると4年QB丹羽貴大の的確なハンドオフから4年副将RB出原大揮や3年RB井上恵介がしっかりとヤードを進め、試合開始4:33で3年WR三好正大がTD。TFPも3年LB/K山西大がきっちり成功させ、7-0で一橋大学は先制得点を獲得。
これで流れをつかんだ一橋大学は4年DL藤村駿平、3年LB鮎川洋平を中心としたDefense陣が活躍し、リードを守ったまま第1Qは終了しました。

<2Q>
一橋大学、敵陣46ydより3rd down5。流れにのり、点差をつけたいところ。4年QB丹羽貴大からのPassを3年RB谷智之が見事キャッチし、フレッシュを獲得。しかし、Goal前に攻め込んだその後のRun Playでファンブルロストしてしまい攻守交代。
神奈川大学もヤードを進めますが、攻めきれず4th downでPuntを選択。しかし神大が蹴ったパントを4年DL筒井康司がブロック。相手の流れを食い止めます。流れを掴んだ一橋大学。敵陣のG前4ydからの攻撃。しかしここから攻めきれず、4th downでFGにトライし、4年TE/K宇佐川慎平が見事成功させ、前半残り4:29で10-0とします。
この後の攻撃で神大に攻め込まれるシーンもありましたが、前半残り0:50を切り、神奈川大学がG前3ydまで攻め込んでいるところでボールをこぼします。これを一橋Defenseは見逃しませんでした。スナップミスにより転々とするボールを水野言紀がリカバーし、そのまま88ydsをリターンしTD。続くTFPも3年LB/K山西大が決め17-0とし点差をつけます。

<3Q>
後半は一橋大学のKickにより試合が再開。攻守交替し神奈川大学の攻撃となりますが、4年DB宮澤真志がインターセプト。攻撃権は一橋大学へ。2年RB井上恵輔や3年WR安河内宏太の活躍により着々前進しますが、をすすめますが、敵陣まで攻め込んだところで神奈川大学にインターセプトをゆるしてしまいます。
しかし一橋Defenseはここで神大に勢いを持っていかせません。4年副将DB水野言紀のパスカットを始め、しっかりと守備陣がまもりきり3Qは終了しました。


<4Q>
 神奈川大学、敵陣39ydより1st down10。序盤一気にG前まで持ち込まれ、神奈川大学に開始早々TDを許し、17-7に。しかし、この流れをなんとか食い止めたい一橋大学。
続く攻撃で攻めきれなかったものの、4年宇佐川慎平のPuntがTBとなり、神大を20ydからの攻撃とします。攻守交替した後も4年副将DB水野言紀、3年LB鮎川洋平、4年LB早瀬川賢也らが神大Offenseに大幅なゲインを許しません。試合残り時間3:00を切ったところで神大が4th downでGambleにトライしますが失敗。一橋大学は敵陣20yd付近からの攻撃。4年副将RB出原大揮、3年RB財津弘彬がRun playで攻め込むもののフレッシュには一歩届かず4年TE/K宇佐川慎平がFGにトライし成功。20-7と引き離します。
神奈川大学に攻撃権がうつりますが、4年DB宮澤真志らがしっかりと守り、最後は一橋Offenseに。4年QB丹羽貴大が二―ダウンで時計をすすめ試合終了。
ファイナルスコア20-7で一橋大学が勝利しました。





2011年CRIMSONは「渾心~下剋上~」を掲げてチームで歩んできました。
しかし初戦の慶應戦で敗れてから、上位校に自ら勝利をのがし続けたシーズン。


“どうしたら勝てるのか”


立ち止まることもできず、部員全員が五里霧中で足をかき、模索し続けた2ヶ月間でした。

拓大戦では勝利をおさめたものの、満足のいくものではなく、
もどかしい気持ちや悔しさ、そしてなにより勝ちたいという想いを胸にひたすら毎日の練習に取り組みました。


そして迎えた最終戦。

CRIMSON勝利を望み、最後まで信じ続けたサイドライン、観客席のみならず遠方の方々の想い。そして“勝ちたい”一心で1Play 1Playをやり遂げたフィールドのPlayer達の想いが一つになった試合となりました。


2011CRIMSONを支えてくださったOB・父母の皆様がた、最後まで応援していただきまして本当にありがとうございました。皆様から様々な形で送っていただいた多くのご声援で部員がもらったパワーは図り知れません。


2011CRIMSONはⅠ部という舞台を残し11/13で幕を閉じ、2012CRIMSONが新たな一歩を踏み出しました。
今シーズン得たものや感じたものを活かし、次なるシーズンに向けて、部員全員でチームを作り上げていく所存です。


代が変わり、2012CRIMSONが始動しますが、今後ともCRIMSONをよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
プロフィール

crimgame

Author:crimgame
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。