FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年10月30日vs拓殖大学

2011/10/30 @AVF 16:10K.O.
.vs 拓殖大学

ここまで全敗できた一橋大学と、一勝の拓殖大学。
お互い、譲れない一戦でした。

1Q
一橋大学のK.O.により試合開始。拓殖大学は自陣の30yd付近からの1st down 10。Run Playで攻めるもののフレッシュ獲得ならず、攻守交替。一橋大学は4年WR宇佐川慎平へのPassでフレッシュを獲得すると、3年RB財津弘彬が敵陣へボールを運びます。流れに乗った一橋は敵陣43ydから再び3年RB財津弘彬が一気に走り抜けTD。
1Q残り7:03で7-0と先制します。
攻守交替し、攻撃権は拓殖大学へ。再びRun Playのみでの攻撃。一橋Defenseがゲインを許さない場面も見られましたが、拓殖Offenseは着々と敵陣の30yd付近まで前進。これ以上進ませたくない一橋大学。拓殖がQB自らのRunを試みた際のFumbleを見逃しませんでした。4年DL筒井康司がこのボールを抑え、攻守交替。一橋が敵陣24ydまで前進したところで1Qは終了しました。

2Q
2Q最初のPlayは一橋大学がFGにトライ。惜しくも失敗し、拓殖大学の攻撃に。再びRunで攻めます。ロングゲインを許すと、勢いに乗った拓殖大学は次々とフレッシュを獲得し、TD。前半残り9:46で7-7と並びます。
攻守交替し、一橋大学の攻撃。一橋Offenseも負けてはいません。4年QB丹羽貴大からのPassが次々と成功し、一気に敵陣へ。3年WR安河内宏太が敵陣37ysからのPassを見事成功させ、G前2ydまで前進。再び2nd downで再び3年WR安河内宏太がPassをしっかり受け止めTD。2Q残り7:27で14-7と再びリードします。
攻守交替し、拓殖大学の攻撃。Runで着々とゲインし、敵陣27ydからの3rd down5。なんとか止めたい一橋Defense。ここで3年DB原田雅暉がロスタックル。相手のRunを食い止め、4th downに持ち込みます。しかし、この後のGambleを止められず、拓殖大学のTD。前半残り1:21で同点とされます。

3Q
後半は拓殖大学のK.O.で試合再開。3年WR安河内が自陣44ydまで前進し、一橋Offenseの攻撃に。まずは4年RB出原大揮がフレッシュを獲得すると、それに3年WR三好正大が続き着々と前進します。そして再び3年WR安河内宏太が敵陣15ydまでボールを運び、フレッシュを獲得すると、続くPlayでTD。3Q残り7:34で21-14とします。
攻守交替しますが、4年LB早瀬川賢也らの活躍により拓殖Offenseにフレッシュを許さず、再び攻撃権は一橋大学へ。
一橋大学は、自陣の15yd付近からの攻撃。4年WR宇佐川慎平へのPassでフレッシュを獲得すると、それに3年RB財津弘彬、3年WR三好正大が次々とフレッシュを獲得。勢いに乗った一橋大学は、3年WR三好正大が敵陣25ydからのPassを見事成功させTD。3Q残り1:48で28-14と引き離します。

4Q
拓殖大学は自陣敵陣38ydからの1st down10。Runで着々と前進。一橋Defenseは3rdまで2ydの前進に抑えたものの、4th downで止めきれず拓殖大学のTD。
試合時間残り7:57で28-21に点差をつめられます。
一橋Offenseは再び点差をつけたいところ。しかし、うまく前進することができず、4th downでpuntを選択し、攻守交替。試合時間は残り4:35。
拓殖大学は、Runでハーフウェイ付近まで前進すると、そこから一気に敵陣16ydまでのPassに成功。一橋Defenseは、この後の攻撃を止められず、TD。
試合時間残り1:55で28-28と同点に追いつきます。
しかし、何としてでも勝利を掴みたい一橋大学。4年QB丹羽貴大から3年RB財津弘彬、4年RB出原大揮、そして3年WR安河内宏太へのPassで次々とフレッシュを獲得。一気に敵陣14yd付近まで攻め込みます。試合時間は1:00をとうにきり、残り0:50ほど。一橋Offenseは更に進み、敵陣G前8ydからの3rd down4。ここで4年QB丹羽貴大から3年RB谷智之へボールが渡りTD。試合時間残り0:39で35-28。
この後の拓殖Offenseの攻撃をなんとか逃げ切り、試合終了。
ファイナルスコア35-28で一橋大学が勝利しました。


やっとの想いで勝利を掴んだ拓殖大学戦。
勝利を追い求めてPlayをし続けたフィールド
勝利を信じ続けたサイドライン、
そしてチームとともに1Play、1Play に一喜一憂し支え続けてくださった観客席
全てが一つになって戦うことのできた試合でした。

しかし、決して満足のいく内容ではなかった試合。課題も多く見つかりました。
どうにか勝ち取った勝利ですが、ここに甘んじることなく、
自分たちの追い求める勝利に対して更に貪欲に取り組んでいきたいと思います。
2011シーズンも残すところ、1戦となりましたが、最後まで2011CRIMSONをよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
プロフィール

crimgame

Author:crimgame
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。