FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年11月13日vs.神奈川大学戦

2011秋季リーグの最終戦。
対戦相手はBリーグ5位である神奈川大学Atoms。
勝てば2011年度シーズンは終了、負ければ入れ替戦出場が決まるとても大事な一戦でした。
神大集合写真mini


<1Q>
神奈川大学のKickにより試合が開始。3年WR安河内宏太がリターンし、攻守交代。一橋大学に攻撃権がうつると4年QB丹羽貴大の的確なハンドオフから4年副将RB出原大揮や3年RB井上恵介がしっかりとヤードを進め、試合開始4:33で3年WR三好正大がTD。TFPも3年LB/K山西大がきっちり成功させ、7-0で一橋大学は先制得点を獲得。
これで流れをつかんだ一橋大学は4年DL藤村駿平、3年LB鮎川洋平を中心としたDefense陣が活躍し、リードを守ったまま第1Qは終了しました。

<2Q>
一橋大学、敵陣46ydより3rd down5。流れにのり、点差をつけたいところ。4年QB丹羽貴大からのPassを3年RB谷智之が見事キャッチし、フレッシュを獲得。しかし、Goal前に攻め込んだその後のRun Playでファンブルロストしてしまい攻守交代。
神奈川大学もヤードを進めますが、攻めきれず4th downでPuntを選択。しかし神大が蹴ったパントを4年DL筒井康司がブロック。相手の流れを食い止めます。流れを掴んだ一橋大学。敵陣のG前4ydからの攻撃。しかしここから攻めきれず、4th downでFGにトライし、4年TE/K宇佐川慎平が見事成功させ、前半残り4:29で10-0とします。
この後の攻撃で神大に攻め込まれるシーンもありましたが、前半残り0:50を切り、神奈川大学がG前3ydまで攻め込んでいるところでボールをこぼします。これを一橋Defenseは見逃しませんでした。スナップミスにより転々とするボールを水野言紀がリカバーし、そのまま88ydsをリターンしTD。続くTFPも3年LB/K山西大が決め17-0とし点差をつけます。

<3Q>
後半は一橋大学のKickにより試合が再開。攻守交替し神奈川大学の攻撃となりますが、4年DB宮澤真志がインターセプト。攻撃権は一橋大学へ。2年RB井上恵輔や3年WR安河内宏太の活躍により着々前進しますが、をすすめますが、敵陣まで攻め込んだところで神奈川大学にインターセプトをゆるしてしまいます。
しかし一橋Defenseはここで神大に勢いを持っていかせません。4年副将DB水野言紀のパスカットを始め、しっかりと守備陣がまもりきり3Qは終了しました。


<4Q>
 神奈川大学、敵陣39ydより1st down10。序盤一気にG前まで持ち込まれ、神奈川大学に開始早々TDを許し、17-7に。しかし、この流れをなんとか食い止めたい一橋大学。
続く攻撃で攻めきれなかったものの、4年宇佐川慎平のPuntがTBとなり、神大を20ydからの攻撃とします。攻守交替した後も4年副将DB水野言紀、3年LB鮎川洋平、4年LB早瀬川賢也らが神大Offenseに大幅なゲインを許しません。試合残り時間3:00を切ったところで神大が4th downでGambleにトライしますが失敗。一橋大学は敵陣20yd付近からの攻撃。4年副将RB出原大揮、3年RB財津弘彬がRun playで攻め込むもののフレッシュには一歩届かず4年TE/K宇佐川慎平がFGにトライし成功。20-7と引き離します。
神奈川大学に攻撃権がうつりますが、4年DB宮澤真志らがしっかりと守り、最後は一橋Offenseに。4年QB丹羽貴大が二―ダウンで時計をすすめ試合終了。
ファイナルスコア20-7で一橋大学が勝利しました。





2011年CRIMSONは「渾心~下剋上~」を掲げてチームで歩んできました。
しかし初戦の慶應戦で敗れてから、上位校に自ら勝利をのがし続けたシーズン。


“どうしたら勝てるのか”


立ち止まることもできず、部員全員が五里霧中で足をかき、模索し続けた2ヶ月間でした。

拓大戦では勝利をおさめたものの、満足のいくものではなく、
もどかしい気持ちや悔しさ、そしてなにより勝ちたいという想いを胸にひたすら毎日の練習に取り組みました。


そして迎えた最終戦。

CRIMSON勝利を望み、最後まで信じ続けたサイドライン、観客席のみならず遠方の方々の想い。そして“勝ちたい”一心で1Play 1Playをやり遂げたフィールドのPlayer達の想いが一つになった試合となりました。


2011CRIMSONを支えてくださったOB・父母の皆様がた、最後まで応援していただきまして本当にありがとうございました。皆様から様々な形で送っていただいた多くのご声援で部員がもらったパワーは図り知れません。


2011CRIMSONはⅠ部という舞台を残し11/13で幕を閉じ、2012CRIMSONが新たな一歩を踏み出しました。
今シーズン得たものや感じたものを活かし、次なるシーズンに向けて、部員全員でチームを作り上げていく所存です。


代が変わり、2012CRIMSONが始動しますが、今後ともCRIMSONをよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

2011年10月30日vs拓殖大学

2011/10/30 @AVF 16:10K.O.
.vs 拓殖大学

ここまで全敗できた一橋大学と、一勝の拓殖大学。
お互い、譲れない一戦でした。

1Q
一橋大学のK.O.により試合開始。拓殖大学は自陣の30yd付近からの1st down 10。Run Playで攻めるもののフレッシュ獲得ならず、攻守交替。一橋大学は4年WR宇佐川慎平へのPassでフレッシュを獲得すると、3年RB財津弘彬が敵陣へボールを運びます。流れに乗った一橋は敵陣43ydから再び3年RB財津弘彬が一気に走り抜けTD。
1Q残り7:03で7-0と先制します。
攻守交替し、攻撃権は拓殖大学へ。再びRun Playのみでの攻撃。一橋Defenseがゲインを許さない場面も見られましたが、拓殖Offenseは着々と敵陣の30yd付近まで前進。これ以上進ませたくない一橋大学。拓殖がQB自らのRunを試みた際のFumbleを見逃しませんでした。4年DL筒井康司がこのボールを抑え、攻守交替。一橋が敵陣24ydまで前進したところで1Qは終了しました。

2Q
2Q最初のPlayは一橋大学がFGにトライ。惜しくも失敗し、拓殖大学の攻撃に。再びRunで攻めます。ロングゲインを許すと、勢いに乗った拓殖大学は次々とフレッシュを獲得し、TD。前半残り9:46で7-7と並びます。
攻守交替し、一橋大学の攻撃。一橋Offenseも負けてはいません。4年QB丹羽貴大からのPassが次々と成功し、一気に敵陣へ。3年WR安河内宏太が敵陣37ysからのPassを見事成功させ、G前2ydまで前進。再び2nd downで再び3年WR安河内宏太がPassをしっかり受け止めTD。2Q残り7:27で14-7と再びリードします。
攻守交替し、拓殖大学の攻撃。Runで着々とゲインし、敵陣27ydからの3rd down5。なんとか止めたい一橋Defense。ここで3年DB原田雅暉がロスタックル。相手のRunを食い止め、4th downに持ち込みます。しかし、この後のGambleを止められず、拓殖大学のTD。前半残り1:21で同点とされます。

3Q
後半は拓殖大学のK.O.で試合再開。3年WR安河内が自陣44ydまで前進し、一橋Offenseの攻撃に。まずは4年RB出原大揮がフレッシュを獲得すると、それに3年WR三好正大が続き着々と前進します。そして再び3年WR安河内宏太が敵陣15ydまでボールを運び、フレッシュを獲得すると、続くPlayでTD。3Q残り7:34で21-14とします。
攻守交替しますが、4年LB早瀬川賢也らの活躍により拓殖Offenseにフレッシュを許さず、再び攻撃権は一橋大学へ。
一橋大学は、自陣の15yd付近からの攻撃。4年WR宇佐川慎平へのPassでフレッシュを獲得すると、それに3年RB財津弘彬、3年WR三好正大が次々とフレッシュを獲得。勢いに乗った一橋大学は、3年WR三好正大が敵陣25ydからのPassを見事成功させTD。3Q残り1:48で28-14と引き離します。

4Q
拓殖大学は自陣敵陣38ydからの1st down10。Runで着々と前進。一橋Defenseは3rdまで2ydの前進に抑えたものの、4th downで止めきれず拓殖大学のTD。
試合時間残り7:57で28-21に点差をつめられます。
一橋Offenseは再び点差をつけたいところ。しかし、うまく前進することができず、4th downでpuntを選択し、攻守交替。試合時間は残り4:35。
拓殖大学は、Runでハーフウェイ付近まで前進すると、そこから一気に敵陣16ydまでのPassに成功。一橋Defenseは、この後の攻撃を止められず、TD。
試合時間残り1:55で28-28と同点に追いつきます。
しかし、何としてでも勝利を掴みたい一橋大学。4年QB丹羽貴大から3年RB財津弘彬、4年RB出原大揮、そして3年WR安河内宏太へのPassで次々とフレッシュを獲得。一気に敵陣14yd付近まで攻め込みます。試合時間は1:00をとうにきり、残り0:50ほど。一橋Offenseは更に進み、敵陣G前8ydからの3rd down4。ここで4年QB丹羽貴大から3年RB谷智之へボールが渡りTD。試合時間残り0:39で35-28。
この後の拓殖Offenseの攻撃をなんとか逃げ切り、試合終了。
ファイナルスコア35-28で一橋大学が勝利しました。


やっとの想いで勝利を掴んだ拓殖大学戦。
勝利を追い求めてPlayをし続けたフィールド
勝利を信じ続けたサイドライン、
そしてチームとともに1Play、1Play に一喜一憂し支え続けてくださった観客席
全てが一つになって戦うことのできた試合でした。

しかし、決して満足のいく内容ではなかった試合。課題も多く見つかりました。
どうにか勝ち取った勝利ですが、ここに甘んじることなく、
自分たちの追い求める勝利に対して更に貪欲に取り組んでいきたいと思います。
2011シーズンも残すところ、1戦となりましたが、最後まで2011CRIMSONをよろしくお願い致します。

2011年10月23日vs立教大学

2011/10/23@AVF 16:00K.O.
vs.立教大学

昨年台風の中、秋シーズン初の勝利を勝ち取った立教大学との試合。
「今年も残る試合数が少ない中で、負けられない一 戦でした。」


1Q
立教大学のK.O.により試合開始。しかし早々に立教に開始4:00ほどで先制され、0-7に。
しかし、一橋Offenseも黙ってはいられません。4年副将RB出原大揮、3年QB三井学の活躍により敵陣まで攻め込むと、3年WR三好・3年WR安河内へのPassで着々とフレッシュを獲得。3年RB財津弘彬のランで20yd付近までゲインし、最後に3年WR安河内へのPassが成功しTD。1Q残り0:42で7-7と同点とします。

2Q
立教大学自陣24ydから2nd down4 。立教OffenseはPassで一気に敵陣に攻め込むと、Runで着実に前進し、TD。7-14で再びリードを許します。4年DL藤村駿平らの活躍もあり、双方とも攻めきれずに、前半残り僅かとなったところで立教大学50yd付近からの攻撃。Run playを選択しますが、3年DL吉田智哉、4年LB早瀬川賢也が阻みます。しかしその後、立教Offenseの足を止められません。立教大学は敵陣の25yd付近からFGにトライし、成功。7-17とした時点で前半が終了しました。


3Q
一橋大学のK.O.で試合開始。立教OffenseはPassを試みるものの失敗。フレッシュを獲得できずに攻守交替し、一橋大学の攻撃。3年RB財津弘彬がロングパスを見事に成功させ、敵陣30yd付近まで攻め込みます。しかし、3rd downから思うように進まずPuntを選択。攻撃権は再び立教大学へ。立教OffenseはRunを中心に次々と前進し、敵陣へ。しかし4年DL藤村駿平らのタックルで、一歩攻め込めずに20yd付近から4th downでFGにトライ。このFGを止めることができず、7-20に。
なんとしてでも追いつきたい一橋Offense。まずは3年WR三好がPassを成功させ、3年安河内もフレッシュを獲得。50yd付近まで進めたところで、3Qは終了しました。


4Q
一橋大学の攻撃で試合再開。3年RB谷智之へのPassが成功させて敵陣に攻め入ると、Offense陣がこれに続きます。3年QB三井学自らのRunでフレッシュを獲得。続いて3年WR三好正大がボールを運び流れを作ります。勢いに乗った一橋Offenseは3年安河内がPassをキャッチしG前まで進みフレッシュを獲得し、そのまま3年RB財津弘彬がTD。じっくりと攻め込み14-20に。
しかし、直後の立教Offenseの攻撃。一橋Defenseが抑える場面も見られたものの、ロングランを食い止められずTDを許してしまいます。これにより更に点差を広げられ、14-27に。
このままでは終われない一橋大学。しかし、思うようにplayを進められないまま試合終了。
ファイナルスコア14-20で立教大学が勝利しました。



何度も「変えよう」、「悔しさを思い出そう」と取り組んできた、この期間。
結果を省みれば、何も変えることができず、その気持ちも十分にぶつけることのできない試合内容となりました。

目前に迫った拓殖大学。この一週間で部員は悔しさと、自身の不甲斐なさ、そして何が勝利につながるのかを模索しながらの練習となりました。
着実に自分の気持ちを表現する部員が増え、その変化を感じる一方で、まだまだいままでの試合に足りなかったものをこだわってゆく必要性を部員全員が感じています。

秋も深まり、めっきり冬のような厳しい寒さを感じる日々が続きますが、拓殖大学戦も会場に足を運んでいただければ幸いです。
変わらぬご声援をよろしくお願い致します。

2011年10 月9 日.vs中央大学

2011年10月9日13:15K.O.@川崎球場
vs.中央大学 

昨年1TD差で惜敗した中央大学。
今年はその悔しさを晴らすべく試合に臨みました。

1Q
中央大学のK.O.で試合の幕が開きました。3年WR安河内宏太が自陣の33ydまでリターンし、一橋が攻撃を開始。4年QB丹羽貴大から3年RB財津弘彬へのPassが通りフレッシュを獲得すると、3年QB三井学自らのRunで流れを繋ぎます。勢いに乗った一橋Offense。3年WR安河内宏太、3年WR三好正大らへのPassも再び成功し、敵陣の30yd付近へ。しかしファンブルしたボールを中央大学が押さえ攻守交替。攻撃権は中央大学へ。中央DefenseはRun中心に攻めるものの、なかなかゲインできず3rdの攻撃でPassにトライ。4年副将DB水野言紀がPassをカット。また、3年LB山西大の活躍もあり、中央大学は50yd付近まで攻めたもののPuntを選択して攻守交替し、一橋の攻撃で1Qは終了しました。

2Q
一橋Offense自陣22yd地点からの2nd down2。初めの攻撃から3年RB谷智之のRunでフレッシュを獲得。後に続きたいところでしたが、中大Defenseに阻まれ中央大学の攻撃に。中央大学はRunで着々とゲインし、前半残り7:24でTD。0-7と先制されます。
追いつきたい一橋Offense。4年副将RB出原大揮、3年WR三好正大らの活躍で敵陣20yd付近まで攻め込むものの、フレッシュは獲得できず、FGにトライしますが失敗。
0-7のまま試合は折り返しました。

3Q
後半は一橋の攻撃で試合再開。中央OffenseはRunで一気に敵陣に攻め込むと、続く攻撃でもRunで一橋Defenseを潜り抜けTD。0-14と差を広げられます。なんとか追いつきたい一橋大学。まずはRun・Passを交えた攻撃で敵陣に攻め入ると、3年RBの財津弘彬・谷智之、そして3年QB三井学らが中央Defenseかわして着々と前進し、敵陣14ydからの1st down10。まずは4年RB出原大揮が中央Defenseの壁を乗り越えて進もうとするもののノーゲイン。続く2nd downの攻撃。3年QB三井学のRunで一気にG前5ydに。フレッシュまで残り1ydとしますが、3rdで攻めきれず、4th downでGambleにトライ。しかし、敢え無く失敗し、中央Offenseの攻撃に。中央大学が自陣の22ydまで前進したところで3Qは終了しました、

4Q
中央大学はRunで次々にフレッシュを獲得すると、敵陣そしてG前へ。G前3ydからの攻撃を止めきれず中央大学再びTD。試合時間残り7:38で0-21と更に引き離されます。どうにかしてTDを奪いたい一橋ですが、3年WR安河内宏太へのPassでフレッシュを獲得するものの、流れを引き寄せられずGambleに失敗し攻守交替。中央大学の攻撃。このシリーズもRunで攻め、ゲインを重ねます。またもや中央Offenseの足を止められずTDを許し、0-28に。このままでは終われない一橋大学。中大のKickしたボールを3年RB谷智之が自陣44ydまでリターン。ここで4年QB丹羽貴大から3年WR三好正大へのPass。このロングパスを見事成功させ、TD試合終了前で7-28に。再び攻撃権を得てTDをしたいところでしたが、中央大学に試合終了間際にTDを奪われ、ファイナルスコア7-35で中央大学が勝利しました。


今シーズン、上位校を打倒すために掲げてきた「渾心~下剋上~」という目標を達成する最後のチャンスだった中央大学戦は、これまでの試合同様自ら勝利を逃す結果となりました。

あのタックルが決まっていれば。

あの時のPassが通っていれば。

あと一瞬こだわれていれば。

思い返せば、思い返すほど様々な後悔が頭をよぎる試合でした。
誰もが自分の取り組みの甘さを思い知り、一人ではなく、チーム全員で変わらなければいけない必要性を感じました。

中大戦後初めての練習。
今まで悔しさをすぐに忘れてしまうチームの姿勢やこだわりの甘さを見直し、変化の兆しを感じさせる練習となりました。

やるしかない。

その言葉を部員全員が抱き、一人一人の変化をチーム全員で実現し、次の立教戦こそ勝利を掴みます。

今後とも変わらぬ声援をよろしくお願い致します。

2011年10月1日vs法政大学

2011年10月1日16:00K.O.@AVF
vs.法政大学

Bブロックの最高峰である相手との試合。慶應・東大と自ら勝利を逃した二試合を経て、各々が感じた悔しさをぶつける最高の相手でした。


1Q
法政大学のK.O.により試合開始。開始早々法政OffenseがRun Playを中心にフレッシュを獲得。一橋Defenseは4年副将DB水野言紀らを中心に攻撃を止めようと試みますが、届かず法政大学のTD。1Q残り6:16で0-7に。
再び法政大学のK.O.で試合再開。ここで3年WR三好正大が法政大学のDefenseを次々とかわし、自陣の13ydから敵陣G前1ydまでリターン。この後の攻撃で3年RB谷智之がTDし、早々に同点とします。
一橋大学のK.O.で試合再開。Kick Onsideにトライし成功。引き続き攻撃権を得ます。流れをつかんだ一橋大学。4thdownのGambleも成功させ、敵陣へ。2年RB岡崎晃介らの活躍により敵陣30yd付近まで攻め込むものの、3rd downで攻めきれず4th downでFGにトライ。4年WR/K宇佐川慎平が見事に決めて、10-7とします。


2Q
法政大学の攻撃で試合再開。自陣40ydからの2nd down5。4年OL則本和哉のQB sackなどがあったもののTDを許し、8:35で10-14とされます。
この後、一橋Offenseは流れを引き寄せられず得点を重ねることができません。一方で、一橋Defenseも4年副将水野言紀のパスカットなど、活躍が見られたものの、法政Offenseの勢いはとめられず、2TDを許し10-21で折り返しました。


3Q
一橋のK.O.で試合再開。法政大学は自陣32ydからの攻撃。法政はRun Playで一気にロングゲインをし、敵陣へ。ここで意地を見せたい一橋。4年主将磯貝俊文がロスタックルをし、法政Offenseの足をとめます。しかし、その後が続かず再びTD。3Q残り9:53で10-28と引き離されます。一橋OffenseはRun Passを交えて攻撃しますが、法政Defenseの壁を突きやぶることができません。他方で一貫してRun中心の攻撃でロングゲインを獲得し、勢いのある法政大学。その後2TDを獲得し、10-42で3Qが終了しました。


4Q
法政大学自陣19ydからの1st down10。Run Playでフレッシュを獲得すると、続く攻撃でTD。開始46秒で10-48とすると、続く攻撃ではロングパスでTD。試合時間残り8:16で10-55と差は開きます。
一橋大学、自陣40ydからの攻撃。ここで3年RB財津弘彬が30ydものRunで一気に敵陣へ。このplayで勢いづいた一橋Offense。3年WR安河内宏太がPassを成功させ、フレッシュを獲得。さらに法政大学の反則による罰退でG前へ。再び3年WR安河内宏太へのPassでG前1yd。続いて3年RB財津弘彬・3年RB谷智之が走るも、エンドゾーンには届かず4th downに。そして再び3年RB財津弘彬がGambleにトライ。法政Defenseに突進し、執念のTD。4Q残り5:47で16-55に。
この後、双方とも攻めきれずファイナルスコア16-55で試合終了となりました。



1play、1playにこだわって取り組んできた東大戦からの二週間。しかし、自分たちの取り組みは王者法政の前には届かず、改めて?部という舞台にいながら自分自身の甘さに気づかされた試合となりました。

次の試合は1週間後の中央大学。昨年も同じブロックで戦い、大雨の中行われた試合で接戦の末勝利をつかめませんでした。今季も連勝中で好調の中央大学こそ、今年の目標である「渾心~下克上~」を達成できる最後の相手です。
次こそ、チーム全員で勝利を勝ち取りたいと思います。


寒い中、暑い声援を下さったOB・ご父母の皆様方本当にありがとうございました。
今後とも変わらぬご声援をよろしくお願い致します
プロフィール

crimgame

Author:crimgame
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。