FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年6月26日.vs学芸大学

line_red.gif 2011年6月26日.vs学芸大学


1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
一橋大学 7 0 0 7 14
学芸大学 0 7 7 14 28







春シーズン最後の試合。今季の集大成を見せたい試合でした。

【1Q】
一橋大学のK.O.で試合開始。学芸大学は自陣10yd付近から24ydまでリターン。学芸大学の攻撃。ランプレーで攻め込もうとしますが、4年主将磯貝俊文らのタックルでフレッシュを獲得できず、パント。攻守交替し一橋大学、自陣37ydからの攻撃。3年財津弘彬がフレッシュを獲得し勢いに乗ると、ラン・パスを交えた攻撃で次々に攻撃権を獲得。4年副将出原大揮へのパスで一気に敵陣に攻め込み、3年高瀬裕介がG前までボールを運ぶと最後は、3年財津弘彬がTD。TFPも決まり1Q残り4:38で7-0と先制点を決めます。
この後攻守交替しますが、双方とも攻めきれず1Qが終了しました。

【2Q】
学芸大学、自陣30ydからの2nd down10。ランプレーで敵陣46yd付近まで前進するものの、パスを失敗し攻めきれず攻守交替。一橋大学も3年高瀬裕介がフレッシュを獲得しますが、その後が続かず再び攻撃権は学芸大学へ。学芸大学はランで40yd付近まで攻め入ると、ロングパスを成功させTD。2Q残り5:12で7-7の同点とされてしまいます。
再びリード守りたい一橋大学。しかし思うようにOffenseチームがボールを運べず、再び学芸大学の攻撃。ここでOffenseを後押ししたい一橋Defenseは学芸のランに4年副将水野言紀がタックルし、ゲインを許さずフレッシュを獲得されずに前半は終了しました。

【3Q】
後半は学芸大学のK.O.で試合再開。一橋大学は自陣15ydから4年副将出原大揮がリターンし、自陣38ydからの攻撃。4年副将出原大揮が敵陣まで攻め入ると、フレッシュを獲得。一橋はこの後の攻撃でも着々と前進し、敵陣20ydからの2nd down12。しかし、ここで一橋大学がファンブルしたボールを学芸大学がリカバーし、そのままTD。3Q残り8:40で7-14とされます。
攻守交替し一橋大学の攻撃。しかし、ゲインを重ねられず攻守交替し、学芸大学の攻撃。4年主将磯貝俊文や4年早瀬川賢也が学芸のランプレーを阻み、フレッシュを許しません。学芸大学はFGにトライするものの失敗。攻守交替したところで3Qは終了しました。

【4Q】
一橋大学の攻撃で試合再開となりますが、攻めきれないまま攻撃権は学芸大学へ。4年副将水野言紀や2年熊切仁志のタックルで学芸大学の流れを断ち切ろうとしますが、ロングパス成功によりTD。試合時間残り8:05で21-7と引き離されます。
追いつきたい一橋大学。3年三井学や3年谷智之が次々にゲインすると、3年財津弘彬が一気に敵陣15ydまで走り込みます。勢いにのった一橋大学はそのままG前まで前進し、3年谷智之がTD。試合時間残り2:39で14-21とします。
この後、学芸の流れを止めたい一橋Defenseは4年藤村駿平らがロスタックルをするものの、学芸大学の攻撃を止められずTDを許し、試合時間残り0:53で14-28に。
この後一橋大学は攻めきれずに試合終了。

ファイナルスコア14-28で学芸大学が勝利しました。

春シーズンの締めくくりとなる学芸戦は、今までの取り組みがいかに甘かったかを思い知らされる結果となりました。
春シーズンを通じて、私たちの姿勢を結果として残せなかったことを事実として受け止め、秋に向けて再出発したいと思います。

大学会場が多い中、応援に駆けつけてくださった沢山のOB・父母の皆様、本当にありがとうございました。これからチーム一体となって初戦の慶應戦を見据えてまい進してゆく所存ですので、今後とも変わらぬご声援をよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

2011年6月12 日.vs早稲田大学

line_red.gif 2011年6月12日.vs早稲田大学


1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
一橋大学 0 13 0 0 13
早稲田大学 7 7 7 14 35







日大戦以降連敗が続く中、Ⅰ部の上位校に今までの反省からの取り組みをぶつける、春シーズン最後のチャンスでした。


【1Q】
早稲田大学のK.O.により試合開始。一橋大学は自陣17ydからの攻撃。4年副将出原大揮のロングパスが成功し、順調な滑り出しを見せます。しかしハーフウェイまで前進したところで早稲田大学のインターセプトにより攻守交替。早稲田大学は自陣の36ydからの攻撃。パスを中心に次々とフレッシュを獲得。2年熊切仁志らがタックルするものの、一歩届かずTD。1Q残り5:54で0-7と先制点を許します。
続く一橋大学の攻撃。4年副将出原大揮を中心に順調にゲインし、敵陣の16ydまで攻め入ったところで1Qは終了しました。

【2Q】
一橋大学の攻撃で試合再開。思うように進まず4th down 9でFGにトライしますが、失敗。攻撃権は早稲田大学へ。しかし、2nd downの攻撃で3年原田雅暉がインターセプトを成功させ攻守交替。勢いに乗った一橋大学。4年宇佐川慎平へのロングパスにより、敵陣の20yd付近までゲインすると、4年丹羽貴大自身のランプレーでTD。2Q残り3:22で7-7と同点に。一橋大学のK.O.により試合再開。早稲田大学は自陣の12yd付近からリターンしますが、3年財津弘彬のタックルでファンブル。落としたボールを一橋大学が押さえ、引き続き一橋大学の攻撃に。3年財津弘彬がG前まで一気に前進すると、ランプレーでTD。TFPは失敗し13-7とします。しかし、続く早稲田大学のランパスを交えた攻撃を止められず13-14とされたところで前半が終了しました。

【3Q】
一橋大学のK.O.で試合再開。早稲田大学はランで着実にゲインし、敵陣の12ydまで前進。なんとか止めたい一橋大学。ここで3年吉田智哉のQB sack。2nd down25としますが、ここから早稲田大学の流れを止められず、3Q残り6:37で21-13とされてしまいます。この後、一橋大学は攻めきれず早稲田大学がハーフウェイ付近まで前進したところで3Qは終了しました。

【4Q】
早稲田大学、自陣の46yd付近から2nd down6。ここで2年可児祥一朗のインターセプト。攻守交替し、一橋大学の攻撃。流れを持ってきたいや一橋大学。Offenseが着実にゲインしますが、あと一歩届かず攻守交替。ここでDefenseが2年渋田康平らのタックルで早稲田大学は攻めきれず、再び攻撃権は一橋大学へ。しかし、一橋のパントをブロックしたボールを早稲田大学が押さえそのままTD。試合時間残り2:20で27-13と引き離されます。
この後、一橋大学の攻撃が思うよう行かず、早稲田が試合時間残り0:18でTD。


ファイナルスコア35-13で早稲田大学が勝利しました。

2011年5月29日.vs大阪大学

line_red.gif 2011年5月29日.vs大阪大学


1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
一橋大学 0 14 6 7 27
大阪大学 0 7 3 20 30






日本大学に大敗した後、初めての試合となった阪大戦は、日大戦での悔しさをぶつけたい試合でした。



1Q
大雨の降りしきる中、大阪大学のK.O.で試合が開始。自陣の15ydから3年WR三好正大がリターンし、一橋大学は自陣の40yd付近からの攻撃。3年RB高瀬裕介がゲインしますが、フレッシュには届かず攻守交替。攻撃権は大阪大学へ。大阪大学Offenseはランプレーを中心に次々とフレッシュを獲得しますが、3年LB原田雅暉の2年LB熊切仁志のタックルで30yd付近から進ませません。再び攻撃権を得た一橋大学。ランとパスを織り交ぜて、自陣の30ydまで着々と前進したところで1Qが終了しました。


2Q
一橋大学、自陣30ydから2nd down5。パスを中心に一気に敵陣に攻め込むと、4年WR宇佐川慎平のへの40ydに渡るロングパスでTD。TFPもきめ2Q残り9:54で7-0に。
続く大阪大学の攻撃。4年DL藤村駿平のQB sackなどDefenseの活躍も見られましたが、ロングパスを決められ、7-7で同点に。
この後の攻撃は双方とも攻めきれず、再び一橋大学の攻撃。まずは3年WR安河内宏太がフレッシュを獲得すると、それに4年WR宇佐川慎平、3年三好正大が続きます。敵陣20yd付近まで攻め込むと、4th downのgambleで3年RB財津弘彬がパスを成功させTD。2Q終了と同時に14-7としました。


3Q
後半は一橋大学のK.Oで試合再開。大阪大学はランプレーで攻めますが、4年DL筒井康司らのタックルに阻まれ4th downで敵陣の30yd からFGにトライ。これを成功させ、3Q残り9:05で14-10に。
続く一橋大学の攻撃。3年RB谷智之のプレーで敵陣まで前進すると、パスプレーで攻めますが、3rd downで攻めきれず4th down2。3年RB財津弘彬のランプレーでgamble成功TD。TFP失敗により3Q残り5:37で20-10と引き離します。
攻守交替し大阪大学の攻撃権となりますが、フレッシュを獲得できず攻撃権は一橋大学へ。3年WR安河内へのパスが成功したところで、3Qは終了しました。


4Q
一橋大学は敵陣の30yd付近から3rd down3。ランを中心にフレッシュを次々と獲得し、G前4ydまで攻め込むと、副将4年RB出原大揮がTD。試合時間残り9:53で27-10。
大阪大学、50yd付近からの1st down10。ランで一気に敵陣の30yd付近まで前進すると、勢いに乗りそのままG前に。パスを成功させTD。試合時間残り7:40で27-17となります。
攻撃権は移り、一橋大学の攻撃。しかし開始早々インターセプトにより攻守交替。そのままTDを決められ試合時間残り5:58で27-23と詰め寄られます。
なんとか盛り返したいところですが、この後攻めきれずに攻撃権は大阪大学へ。
ロングランで敵陣の25付近まで一気にゲインすると、流れにのった大阪大学は次々にランで前進しTD。試合時間残り0:59で逆転を許します。
最後の攻撃で逆転はならず、ファイナルスコア27-30で試合は終了しました。



悪天候の中試合を見に来て下さったOB・父母の皆様、本当にありがとうございました。
今後とも変わらぬご声援をよろしくお願い致します。

2011年5月8 日.vs日本大学

line_red.gif 2011年5月8日.vs日本大学


1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
一橋大学 0 6 0 0 6
日本大学 21 35 21 21 98


『渾心下剋上』を目標に掲げた今季、初めて関東Ⅰ部の上位校とぶつかりあう大事な一戦でした。


【1Q】
日本大学のK.O.により試合開始。
一橋Offenseは自陣の23ydからの攻撃。Run中心に攻めるものの、攻めきれず攻守交替。
日本大学は自陣35ydから1st down10でしたが、Run playで着々と前進し、TD。
前半開始2:30で0-7に。
続く一橋の攻撃はFreshを獲得できず、日大の自陣30ydからの攻撃。
3年DL吉田智哉のLoss Tackleもあったものの、日大Offenseは一橋Defenseを潜り抜け、1Q残り2:35で0-14とされてしまいます。その後も日大はLong Passを成功させ、1Q終了時、0-21。


【2Q】
一橋の攻撃で試合再開。Passを試みますが、日大のDefenseに阻まれ、攻守交替。
日大はRunを中心にFreshを獲得。敵陣の35ydまで前進したところで、TD Pass。
2Q開始4:00で0-28。
一橋は自陣の20ydからの攻撃。4年副将RB出原大揮の20ydにわたるLong RunでFreshを獲得するものの、その後が続かず日大の攻撃。
日大は攻撃を開始早々自陣25ydからのPass Playで一気にTD。
この後も一橋Defenseは日大の勢いをとめることができず、前半残り0:49で0-56。
このままでは終われない一橋。3年WR三好正大などへのPassで敵陣に攻め込みます。
前半残り数秒。前半最後のPlayは敵陣42ydからの3rd down10。3年WR安河内宏太へのPassが見事成功し、TD。
しかし、TFPは失敗し、6-56としたところで前半終了。

【3Q】
一橋大学のK.O.により試合再開。
日本大学は自陣30ydから1st down10。最初にLong Runで一気に敵陣に走り込むと、次々にRun Playでゲインし、後半開始、3:00ほどで6-63。
一橋大学は3年RB高瀬裕介のRunを中心に日大Defenseを切り抜けようと試みますが、なかなか壁を崩せません。4年OL/DL小島直人のLoss Tackleで日大Offenseを食い止めるシーンも見られましたが、6-77の大差で3Qは終了しました。

【4Q】
日本大学、自陣35ydからの3rd down15で試合再開。Runで敵陣に攻め込むと、Passで一気にG前10付近まで前進し、TD。その後も日本大学の勢いは止まらず、試合時間残り5:16で6-91まで点差を広げられます。
一橋大学は自陣24ydからの攻撃。4年副将RB出原大揮へのPassが成功すると、3年RB財津弘彬もそれに続きます。Pass Playで自陣33ydから一気に敵陣へ。
しかし、その後思うように決まらず、攻撃権は再び日本大学へ。
試合残り1:35で再びTDを決められ、6-98に。


ファイナルスコア6-98。

2011年5月1日.vs中京大学

line_red.gif 2011年5月1日.vs中京大学


1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
一橋大学 14 20 7 0 41
中京大学 0 0 7 14 21


  
 
2011年度最初の公式試合となる今回の試合は、春の取り組みが試される大事な一戦でした。


【1Q】
中京大学のK.O.により試合開始。
一橋は4年副将RB出原大揮が自陣の25ydからリターンを開始し、強い向かい風が吹く中、中京のカバーチームをくぐり抜け、そのままリターンTD。
TFPも成功して、試合開始16秒で7-0。
攻守交替し、中京の攻撃。しかし、先ほどの攻撃で勢いに乗った一橋はDefenseもさえていました。中京のRun・Passの攻撃を3年LB鮎川洋平・4年主将DL磯貝俊文がとめ、前進させません。さらに3rd down9で4年DL藤村駿平のQB sack。中京につけいる隙を与えません。中京はこの後のPuntを失敗し、一橋は敵陣23ydからの攻撃権を得ます。
一橋Offenseの攻撃。3年WR安河内宏太へのPass成功を皮切りに着々とゲイン。一気にG前3ydまで前進すると、4年OL中岸高利が中京のDLを倒したところを3年RB財津弘彬が走り込み、TD。
1Q残り8:55で14-0。
この後は双方とも攻めきれず1Qは終了。

【2Q】
一橋Offense自陣17ydからの3rd down13。3年WR安河内宏太へパスが通り、1st downを獲得。そのまま敵陣へと攻め込み、3年RB谷智之へのPassでG前まで進むと3年RB高瀬裕介のRunでTD。
TFP失敗により、3Q残り7:29で20-0。
攻守交替し、中京は自陣30yd付近からRun中心に攻めますが、一橋Defenseが立ちはだかります。4th downでPuntを試みますが、Punterからこぼれたボールを4年LB早瀬川賢也がカバーし、そのままTD。
2Q残り5:06で27-0。
攻守交替し、中京の攻撃。3rd downのPassを4年DB岩野頌太朗がカットし、中京の4th downはPuntを選択。再び一橋の攻撃に。
流れに乗っていた一橋Offenseは4年WR宇佐川慎平のPassで一気に前進すると、3年RB財津弘彬がTD。
2Q残り0:57で34-0。

【3Q】
後半は一橋のK.O.により試合再開。
中京の最初のPassを2年LB熊切仁志がカットしますが、この後のPlayを止められず、3Q残り8:30で中京にTDを決められ、34-7。
一橋は自陣の30yd付近から1st down10。3年RB高瀬裕介を中心に攻め、Offenseが一体となって中京のDefenseを圧倒します。最後は2年RB井上恵輔がTD。
3Q残り1:25で41-7。
一橋が自陣の40yd付近まで攻めたところで3Qは終了。

【4Q】
4Qは3年DB山西大や3年DL片岡翔太等の活躍で中京Offenseに大きなゲインを許しませんが、一橋も攻めきれません。50ydから攻撃権を得ますが、ファンブルロストにより中京は勢いに乗り、2nd downでフレッシュを獲得すると敵陣42ydから一気にRunでTD。
試合時間残り2:47で41-14。
中京のKick Offで試合再開。一橋は40yd付近からリターンしますが、ファンブルロストにより、中京が引き続き攻撃権を得ます。
なんとか流れを取り戻したい一橋。中京Offense敵陣44yd付近からの1st downの攻撃で、3年LB鮎川洋平がインターセプト。攻撃権を奪い返します。
しかし、この後の攻撃が続かず、再び攻守交替。
中京はQBのRunを中心に着々とゲイン。2年LB熊切仁志のロスタックルなどで一橋Defenseも粘りを見せますが、試合時間残り3秒で中京のTD。
中京のTFPが成功し、試合は終了しました。

ファイナルスコア41-21。
プロフィール

crimgame

Author:crimgame
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。