FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年秋季リーグ星取表

line_red.gif 2010年秋季リーグ試合結果 - 星取表


早稲田 明治 中央 東京 立教 関東学院 一橋 駒澤
早稲田 ○38-22 ○41-13 ○45-7 ○31-0 ○42-14 ○50-3 ○52-14
明治 ●22-38 ●28-32 ○28-17 ○28-14 ○50-13 ○49-20 ○49-0
中央 ●13-41 ○32-28 ●24-27 ○41-21 ○41-22 ○6-0 ○80-10
東京 ●7-45 ●17-28 ○27-24 ●10-30 ○42-32 ○35-21 ○44-3
立教 ●0-31 ●14-28 ●21-41 ○30-10 ●14-17 ●7-10 ○31-6
関東学院 ●42-14 ●13-50 ●22-41 ●32-42 ○17-14 ○21-21 ○31-6
一橋 ●3-50 ●20-49 ●0-6 ●21-35 ○10-7 ●21-21 ○52-3
駒澤 ●14-52 ●0-49 ●10-80 ●3-44 ●12-35 ●6-31 ●3-52
スポンサーサイト

2010年11月13日.vs駒澤大学

line_red.gif 2010年11月13日VS駒澤大学   

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
一橋大学 7 17 21 7 52
駒澤大学 3 0 0 0 3

2010年11月13日、快晴の中アミノバイタルフィールドにて、CRIMSONの最終戦が行われました。相手校は駒澤大学。先日の立教戦で今季初勝利を勝ちとったCRIMSONにとって、入替戦回避の可能性もさることながら、リーグ最終戦ということで絶対に負けられない一戦でした。

【1Q】

駒澤大学のキックにより、試合開始。
#21出原大揮(RB3年)のリターン。10yds付近から自陣33ydsまでボールを運んだ。

一橋、自陣33ydsからの攻撃1st-10。
#9岡本卓(4年RB)のランプレイにより5yds前進。次の2nd downの攻撃で#8崎村慧太(4年RB)へのダイレクトスナップのランによりロングゲイン。フレッシュ。敵陣34ydsまでボールを進める。

しかし、その後の攻撃ではボールを運ぶことができず、4th-11、パントを蹴る。これにより攻守交代。パンターは#86宇佐川慎平(3年WR/K/P)

自陣5ydsより駒澤大学1stシリーズ。3rd downでの駒澤RB♯7のランプレーにより大きくゲインされ、この後も立て続けにフレッシュを獲得していく。
駒澤は敵陣26ydsまでボールを進め、4thdownでフィールドゴールトライ。
キック成功により、駒澤大学に3点を先制されてしまう。

一橋大0-3駒澤大

駒澤大学のキックにより試合再開。一橋大学10yds地点から、右サイドライン際を快走し、90ydsのリターンタッチダウン。リターナーは#21出原大揮(3年 RB)。

#86宇佐川慎平(3年WR/K/P)によるTry For Pointも成功。
一橋大7-3駒澤大

駒澤大学の攻撃となるが、先ほどのキックリターンタッチダウンにより、
モメンタムを掴みんだ一橋ディフェンスが見事な粘りをみせ、フレッシュ獲得を許さず、3rd-6。駒澤QB#12は一橋DLからのプレッシャーを受け、右WRにパスを投じるが、#25岩野頌太郎(3年DB)が見事なインターセプト。

これにより攻守交代となる。


一橋大学、自陣48ydsからの攻撃。

1st downで一橋大学側に反則をとられ罰退するも、次の攻撃で#16三好正大(2年WR)がパスをキャッチ。そのまま軽快な走りを見せ、敵陣37ydsまでボールを進める。

【2Q】
着実にフレッシュを獲得し、敵陣の10ydsまでボールを進めるも、4th-7となり、一橋大学フィールドゴールトライ。キック成功により、一橋大学に3点が追加される。キッカーは#86宇佐川慎平(3年WR/K/P)。
一橋大10-3駒澤大

一橋大学のキックにより試合再開。リターナーを抑えたのは#30水野言紀(DB3年)

駒澤大学の攻撃。パスを封じ、駒澤大学4th-8。パントにより攻守交代

一橋、自陣31ydsからの1st-10。
2nd downでの#18丹羽貴大(3年QB)から#89安河内宏太(2年WR)へパス成功。34ydsゲイン。
その後もランプレーで着実にボールを運んだ。敵陣13yds地点から1st-10。#9岡本卓(4年RB)のランプレー。駒澤ディフェンスが追いつく間もなくタッチダウン。

#86宇佐川慎平(3年WR/K/P)によるTry For Pointも成功。


一橋大17-3駒澤大
一橋大学のキックにより試合再開。

自陣28yds地点から駒澤大学の攻撃。
駒澤大学のランプレーでフレッシュを許してしまうが、ここでQBが投じたボールを#47荒巻航(4年LB)がインターセプト。ゴールラインに向かい、そのままタッチダウン。
一橋大学に6点が追加される。その後のTry For Pointも成功。


一橋大24-3駒澤大

一橋大学のキックにより試合再開。
駒澤大学攻撃となるが#79吉田智哉(2年DL)がロスタックル。そのまま攻撃権の更新は許さず、4th-9。パントにより攻守交替。

一橋大学自陣42ydsより1st-10。しかし攻めきれず、4th downとなり、パントを選択。
これにより攻守交替。


駒澤の攻撃。
QBがボールを持って、ニーダウンしたところで、前半終了。


一橋24-3駒澤

【3Q】
第3Qは一橋大学のキックにより試合再開。

駒澤大学の攻撃。反則により罰退し1st-25。3rd downの攻撃でも反則により3rd-30。#44坂爪貴彦(4年DL)のロスタックルにより4th-36。パントにより攻守交替。


一橋大学の攻撃。敵陣の14ydsからの攻撃。着々とボールを進めていき、
ゴールライン前4yds。2nd、残りは1ydsで、#34舘野優貴(4年RB)が中央にとびこみ、タッチダウン。

この後のTry For Pointも成功。

一橋大31-3駒澤大


一橋大学のキックにより試合再開。

キッカー#86宇佐川慎平のキックは、タッチバック。


駒澤大学の攻撃。このシリーズ2nd down#99磯貝俊文(3年DL)のQBサックにより3rd-15。駒澤のパスを封じ、4th downとなり、パント。一橋ディフェンスはプレッシャーを与え、パンターは蹴り損じ、ほとんど回復は許さなかった。

敵陣の26ydsより一橋大学の攻撃。2nd downの攻撃。#9岡本卓(4年RB)にボールが渡り、相手ディフェンスを振り切りタッチダウン。
このあとのTry For Pointも成功。


一橋大38-3駒澤大


一橋大学のキックにより試合再開。

駒澤大学の攻撃。一橋ディフェンスの#99磯貝俊文は駒澤のランを抑え、4th-13。パントにより攻守交替。
自陣の36ydsより一橋の攻撃。3rd-17で#18丹羽貴大(3年QB)のドロープレー。ボールを14yds進め、4th downでギャンブル成功。そして敵陣26ydsでの1st-10。
#26高瀬裕介(2年RB)がゴールラインへボールを運び、タッチダウン。

そのあと#47荒巻航(4年LB/K/P)によるTry For Pointも成功。


一橋大学のキックにより試合再開。

攻守交替し、駒澤大学の攻撃。1st downを終えたところで第3Q終了。


【4Q】

駒澤大学の攻撃。パスを成功させ、敵陣まで攻めてくる駒澤オフェンス。
しかし2nd downの攻撃で#5加藤拓也(4年LB),#79吉田智哉(2年DL)のロスタックルが決まり、4th downの攻撃。駒澤大学ギャンブルを選択するが、失敗。そのため攻守交替。
一橋の攻撃。しかし一橋オフェンスは攻めきることができず、4thdwonはパントで駒澤へ攻撃権が移る。

しかし、#47荒巻航(4年LB)の活躍で敵を抑える。4th downの攻撃で駒澤大学はギャンブルを選択するも、#45藤村駿平(3年DL)、#90片岡翔太(2年DL)のタックルによギャンブル失敗。

これにより攻守交替し、一橋大学の攻撃。#6三井学(2年QB)から投じられたパスが#89安河内宏太(2年WR)がキャッチ。これによりフレッシュ獲得。

一橋はその後も攻撃を重ね、敵陣14ydsからの1stdown10となる。QB#6三井学から、#16三好正大へのパス。エンドゾーン近くでボールをキャッチできなかったが、駒澤大学側にパスインターフェアランスの反則があり、ゴール前2ydsからの攻撃権を得る
#8崎村慧太(4年RB)が左オープンに攻め込み、そのままタッチダウン。

#77大久保真也(1年DL/K/P)によるTryForPointも成功。
一橋のキックにより試合再開

#77大久保真也の勢いのあるキックはそのままエンドゾーンに届き、タッチバック。

駒澤の攻撃は先ほどのタッチバックにより自陣の20yds地点から。
攻撃権更新を1度許すも、2nd downの攻撃は、#27筒井康司(3年DL)によるQBサック。

ここで試合終了。

ファイナルスコア

一橋大52-3駒澤大

2010年10月30日.vs立教大学

line_red.gif 2010年10月30日VS立教大学   

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
一橋大学 0 0 0 10 10
立教大学 7 0 0 0 7

2010年10月16日.vs関東学院大学

line_red.gif2010年10月16日VS関東学院大学   

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL TB
一橋大学 14 0 0 7 21 0
関東学院大学 7 7 0 7 21 3

2010年10月9日.vs中央大学

line_red.gif  2010年10月9日VS中央大学   

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
一橋大学 0 0 0 0 0
中央大学 0 0 0 6 6

2010年10月9日、雨の降るアミノバイタルフィールドにて、CRIMSONの第4戦が行われました。相手校は中央大学。これまで駒澤大学・関東学院大学・立教大学に三連勝している強豪校です。関東最強を目標に掲げたCRIMSONにとって、絶対に負けられない一戦でした。

【1Q】
一橋のキックにより試合開始。キッカーは#86宇佐川慎平(2年 WR)。オンサイドキックを宇佐川自ら押さえるも、このキックが10ydsに届く前に味方に当たってしまったため、惜しくも中央の攻撃となる。

中央敵陣39ydsからの攻撃。1st シリーズ。中央最初のプレイはスクランブル。その後も中央に攻め込むランプレイで前進、一橋ディフェンスもRBにタックルするも、フレッシュ獲得を許してしまう。次のシリーズでも3rd-2、フレッシュまで残り2ydsと攻め込まれる。ここで#5加藤拓也(4年 LB)がLOSを割ってプレッシャーをかける。中央QBは#5加藤のタックルをかわすも、#44坂爪貴彦(4年 DL)・#41加藤大貴(4年 LB)がQBサックをきめ、14yds後退させる。これにより4th-16となり、中央はパント、攻守交替となる。

一橋自陣22ydsからの攻撃。1stシリーズ。一橋最初の攻撃は#11竹内康徳(4年 RB/WR)のランプレイ。このプレイで一気に9ydsゲイン、2nd-1となる。次の#9岡本卓(4年 RB)のランプレイでフレッシュ獲得。次のシリーズでは、#18丹羽貴大(3年 QB)のQBドローでフレッシュ獲得。敵陣に入る。しかし、ここから相手LBのタックルにより思うように前進することができず、3rd-7と追い込まれる。3rd downは#18丹羽貴大(3年 QB)から#11竹内康徳(4年 RB/WR)へのロールアウトパス。#11竹内はこれをキャッチしたものの、サイドラインを割っていたため4th-7となり、最後はパント。パンターは#86宇佐川慎平(3年 WR)

中央自陣13ydsからの攻撃。2nd-7となるが、ここで中央QBからRBへのピッチミスでこぼれたボールを#3綿引裕也(4年 DL)がリカバー。攻守交替。一橋はモメンタムを掴む。

ターンオーバーにより一橋敵陣16ydsからの攻撃。このチャンスを得点へと繋げたいところ。ランプレイで攻めるが、中央のディフェンスによりフレッシュ獲得まで届かず、4th-2ゴール前8yds。確実に先制点をとりたい一橋はここでフィールドゴール。しかし、このキックはゴールポスト脇をすり抜け、惜しくも失敗。

中央が自陣20ydsから攻撃を始めたところで1Q終了。

【2Q】
中央4th-5でパント。

一橋はポジションよく敵陣46ysからの攻撃。しかし、中央ディフェンスに押さえこまれ、後退してしまう。さらに、OLを振りほどいてきた中央DLによりQBサックされてしまう。ここでボールをファンブルするが、一橋がリカバー。ターンオーバーは免れる。しかし3rd-25。さらに大きく後退してしまう。#18丹羽貴大(3年 QB)のドローで、11ydsゲインするも、フレッシュには届かず4th-14でパント。

パントをフェアキャッチした中央は自陣24ydsからの攻撃。中央のランプレイではD-Frontが粘りを見せRBを押さえる。オプションにより一線を抜けると、DBがロングゲインを許さないタックルで止める。3rd-2中央QBからのロールアウトパスを#47荒巻航(4年 LB)がパスカットする。インターセプトとはならなかったものの、中央をパントへ追い込む。

一橋自陣20ydsからの攻撃。しかし、ここでQBからRBへのトスの際にキャッチミス。リカバーしたのは中央。中央に大きなチャンスを与えてしまい、嫌な雰囲気が流れる。

中央敵陣18ydsからの攻撃。最初のプレイで9ydsのゲインを許してしまいゴール前に入られるものの、ここから一橋ディフェンスが粘りを見せる。前進を許さないディフェンスで中央をゴール前で止め続ける。ゴール前6ydsからの3rd down、QBドローしてきたところを#44坂爪貴彦(4年 DL)がタックル。このタックルの際に中央QBがボールをファンブル。すかさず#47荒巻航(4年 LB)がリカバーし攻守交代。

一橋自陣ゴール前1ydsからの攻撃。慎重にランで進めたいところだが、スナップを受けたQB#18丹羽がOLと接触し、またも痛恨のファンブルロスト。

一橋ディフェンス自陣ゴール前2ydsとなり、今度こそタッチダウンかと思われたが、#47荒巻が4年の意地を見せファンブルフォース。またもターンオーバーを得る。

被タッチダウンは免れたが、一橋はこのチャンスを得点につなげることはできず、このシリーズはパント。

次の中央オフェンスは、残り46秒で自陣26ydsから。一橋ディフェンスは一発タッチダウンだけは避けたいところ。中央パスを試みるも、一橋DLが渾身のラッシュをかけ時間切れに追い込む。ここで2Q終了。両者無得点で折り返す。

【3Q】
中央のキックにより試合再開。

一橋自陣31ydsからの攻撃。なんとか得点をあげたいところ。雨ということもあり、ランプレイを重ねていくも、中央ディフェンスの堅い守りによって前進できず、4th downはパント。

次の中央のオフェンスも、ランプレイで攻めてくる。ここで一橋も中央に負けじとディフェンス力を見せる。2nd-10、QBスクランブルでフロントの間を抜けられるかと思ったところを、#44坂爪貴彦(4年 DL)が相手OLを振りほどき、決死のタックルでとめる。3rd-9、QBドローにより今度こそフロントの間を抜けられてしまうが、ここで#30水野言紀(3年 DB)が持ち前の思い切りの良さによりQBをとらえる。これにより中央はパント。

一橋の攻撃。自陣49ydsからの3rd-4、フレッシュ獲得し敵陣へと進みたいところだが、このプレイでもスナップミスでまたもやファンブルしてしまう。かろうじて一橋がリカバーするも4th-8となりパント。陣地回復しようとするも、ここでセンターのスナップが乱れてしまう。パンター#86宇佐川慎平(3年 WR)がなんとかリカバーして蹴ろうとするも、紙一重でプレッシャーの方が速く、キックの姿勢に入っていた#86宇佐川がボールをロスト。結果、パントでの陣地回復ができず、一橋自陣からの攻撃を許してしまう。

中央敵陣39ydsからの攻撃。中央OLが開いた道をRBが走り抜けロングゲイン。一気にゴール前まで攻め込む。

ここで3Q終了。

【4Q】
中央ゴール前1ydからの2nd down。一度は食い止めるものの、3rd downで中央QBがエンドゾーンに飛び込みタッチダウン。4Qに入ったところで中央に先制点を取られてしまう。

しかしTFPはスナップミスにより失敗。

一橋 0-6 中央

中央のキックにより試合再開。リターナーは#89安河内宏太(2年 WR)。リターンチームにより開けられた道を抜けようとするも中央カバーチームにタックルされ、一橋は自陣36ydsからの攻撃となる。

なんとしてもタッチダウンとTFPをきめ逆転したいところ。しかし、QBドローも中央ディフェンスのタックルにより思うように前進できない。次のパスは、キャッチしかけたが、ボールを落としてしまい惜しくも失敗。さらに3rd downでは、QBサックされた際にボールをファンブルしてしまう。リカバーしたのは中央。勢いをつけた中央にさらにチャンスを与えてしまう。

ターンオーバーにより中央敵陣30ydsからの攻撃。連続タッチダウンだけは避けたいところ。3rd-5、#41加藤大貴(4年 LB)がRBへのタックルによりファンブルを誘発し、そのボールを#47荒巻航(4年LB)が押さえて、33ydsからのリターン。

一橋に流れる嫌な雰囲気を払拭させるプレイであった。

一橋自陣36ydsからの攻撃。中央OLにラッシュをかけられる中、#18丹羽が投げたボールを#86宇佐川慎平(3年 WR)がキャッチ。フレッシュ獲得。その後もディフェンスの裏をかくパスプレイによりフレッシュ。次のプレイでも#11竹内康徳(4年 RB)が中央LBを振りほどくランプレイで一気にゴール前9ydsまで進める。試合時間も残りわずか、このチャンスをタッチダウンに繋げ、逆転したい一橋。

ゴール前9ydsからの3rd down。#9岡本卓(4年 RB)がタックルされながらもエンドゾーンに飛び込みタッチダウンかと思われたが、一橋はこのプレイ中に反則をとられ、10ydsの罰退。ゴール前14ydsから再び3rd downを繰り返す。タッチダウンを狙ったパスは残念ながら失敗。4th-14、試合残り4:41、なんとしてもタッチダウンを挙げたい一橋はギャンブル。しかしフロントを抜けてきた中央DLにQBサックされてしまい、ギャンブル失敗。攻守交替となってしまう。

中央自陣25ydsからの攻撃。なんとか攻守交替に持ち込み、もう1度タッチダウンのチャンスを得たい一橋。しかしランで攻める中央オフェンスを止められず、連続してフレッシュ獲得を許してしまう。着々と試合終了時間が近づき、焦る一橋。そして試合残り20秒を切ったところで中央はニーダウン、これにより試合終了。

ファイナルスコア 一橋 0-6 中央
プロフィール

crimgame

Author:crimgame
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。